怪力乱神

1/2ページ

豆狸

子犬サイズの大きさの化狸で、西国に多く現れたといわれます。 この妖怪の特殊能力は「変化」。スタンドでいうとイエローテンパランスみたいなもの。イエローテンパランスは実体化したスタンドを体にまとうことで様々なものに擬態を行うわけなんですが、豆狸の場合は自分のきんたまの袋を思いっきり引きのばして頭からかぶるという力技。きんたまぶくろをかぶって化けるっておまえ。ジャングルの王者ターちゃんやアホーガンでさえ […]

孕のジャン

横須賀に現れる元米兵のジゴロ。関係した女性を一発必中で孕ませ、結婚生活を夢みる妊婦をメリケンサックでぶっ飛ばしては出産費用を持ち逃げするという「関東ジゴロ四天王」の一角だぞ。やがて魁ジゴロ塾の塾生となり、「死豪露大四兇殺」ではその悪名を世に轟かせたんだ。必殺技は目にも止まらぬF・P・M・Fだぞ。 というような解説を、名前の語感からなんとなく想像した人もいるんじゃないかと思うけど、あのね、そんなわけ […]

縊鬼

麹町に屋敷を構える組頭の組内には芸達者な同心がいて、最近は細かすぎて伝わらないものまね芸で仲間内の好評を博しておりました。 ある春の日、組頭宅では同役の寄合があり、そして夕刻からは酒宴が予定されていました。 組頭は同心に「お前の『極端なほどさ行が言えない江戸っ子のものまね』は絶品なので、接待役として必ず参加するように」と申しつけていたにも関わらず、いつまでたっても姿を現さない。客も「今夜は細かすぎ […]

石妖

昔むかし、伊豆山中での出来事じゃったと。 山奥で数人の石工が石の切り出し作業を行っていました。昼下がりの休憩時、缶コーヒーのジョージアを飲みながらだべっていると、どこからともなく場違いな服装の女がやって来たので一同おおいに驚いた。やや垂れ目ながらも二重の大きな瞳、そしてボリューミーな唇にセミロングという石原さとみのような容貌の女は、男好きのしそうな舌足らずな声で「てか、マッサージにきたんですけどー […]

水母娘娘

山西省の水母楼にまつられている萌え偶像。 晋祠村に美しいお嫁さんがおりました。たいそうべっぴんな乙嫁で、まるで森薫の描いた女性キャラクターのようじゃ、あんなに精緻な描きこみでよく締め切りに間に合うものじゃ、などとたいそうな評判でした。 さて、乙嫁さんの暮らす村には井戸も川もなく、毎日何里もの道のりを往復して生活用水を汲みにいくのが彼女の日課でした。嫁が苦労して確保してくれる貴重な水なんだから大事に […]

3メートルの宇宙人

別名「フラットウッズ・モンスター」「10フィートの怪物」「ブラクストン郡のモンスター」などなど。 でも僕はやっぱり南山宏先生が訳したといわれる「3メートルの宇宙人」という名称が一番好きだなあ。 時は1952年9月12日の夜7時頃。ウェスト・バージニア州ブラクストン郡の田舎町フラットウッズの校庭では、下校時間をとっくに過ぎているにもかかわらず、4人の子供たちがサッカーに興じておりました。彼らがまず最 […]

肉吸い

熊野山中に現れる妖怪。 姿かたちはハイティーンの女子。やたら美人なんだそうです。その美人が、人気のない夕間暮れの山中で「ホーホー」と笑いながら道ゆく男に近づいてくる。 そんな女、どう考えても怪しいですよね。しかし男子はかわいい女子の前だと思考が停止する生物なので「ウェーイ、チスチス、ウィーッス」などとカタコトで気さくに挨拶を交わしてしまうのですが、これがよくない。 まじでよくない。 先方も更に調子 […]

目競

太政大臣・平清盛主導の強引な遷都によって日本の首都が福原へと移され、No Taira family, No Life的なキャンペーンをますます強めていた不穏な時代のこと。福原では様々な奇怪な事件が発生したのですが、このエピソードもその中の一つ。 ある朝、清盛が妻戸を開いて中庭を眺めたところ、なぞのモンスターとエンカウント。それは死人のされこうべに目玉のついたちっこいモンスターで、いわゆるスライム的 […]

刀自待火

トジマチャービー。沖縄の妖怪「遺念火」の一バージョンです。 当時はやりのベンチャービジネス(豆腐売り)で成功した実業家のAさん(28)。彼は首里城の近くのヒルズに居を構え、美人で若いうえにアロマ検定1級の資格まで持っているBさん(23)を妻(刀自)に迎えました。二人は幸福な夫婦生活を営んでおりましたが、奥さんに横恋慕したCという男が外出中のBさんにさんざんまとわりついた挙げ句、二人の仲を裂こうとし […]

クルピラ

切り裂かれる大地の闇――ギアナ高地の巨大畸岩ペドラピンターダに潜む伝説の地底人。藤岡弘、率いる探検隊の第三次探検における調査対象であり、この回の放送はクルピラとの息詰まる追跡劇やインディオとの攻防、クルピラをめぐるあまりに壮大な仮説の展開、磨きがかかる隊員たちの凡ミスや隊長の格言集など非常に充実した内容となっており、シリーズ最高傑作との呼び声が高い。 クルピラの特徴は、「地底に棲む」「小柄な体躯で […]