怪力乱神

1/3ページ

キジムナー

ガジュマルなどの古木の精霊であり、沖縄を代表する赤毛の妖怪。水木しげる先生によるイッちゃってる目つきのキャラデザでもおなじみですね。あー、もう完全にキマっちゃってますよこれ。中島らもなみですよこれ。 主に子どもの姿をとり、髪が赤いだけでなく「体が赤い」「顔が赤い」「きんたまがでかい」などともいわれます。属性は火のエレメントで、旧暦8月10日に出る正体不明の怪火はキジムナー火と呼ばれています。 イッ […]

トマコダヌキ

あるいはトマッコダヌキ。 岡山県美作地方に伝わる憑き物系クリーチャー。トマコ(トマッコ)とはイタチを表す方言なので、つまりタヌキとイタチの合成獣みたいな外見なのでしょう。全長15センチほどのクリーチャーで、群れをなして暮らすのだそうです。 『妖怪事典』(村上健司)によると、トマコダヌキを飼うのはたいてい主婦で 、上手に飼えば裕福になるが、飼育に失敗するとたちまち貧乏になるのだそう。主婦の小手先で家 […]

溝出

ある貧乏人が亡くなった時のこと。残された身内もとうぜん貧乏人なわけで、葬式をあげる金もないという貧困スパイラル。貧すれば鈍すとはよく言ったもの。せめて簡素な墓でも建ててやればよいものを、貧乏遺族たちは故人の死体をつづらにつめこんで無課金のフリースペース(道ばた)に投棄してしまいます。今も昔も、えてして貧乏人は無課金が無課金たるゆえを考えようとしない。いやはや、じつに浅はかなものです。 後日。打ち捨 […]

手長婆

あしながおじさんの対義語に相当する妖怪。あしながおじさんはニューヨークに棲息し、目をつけた少女とのパパ活に励む心優しい妖怪ですが、いっぽうの手長婆は千葉や青森といった地方の山中に棲み、水辺で遊ぶ子供を長い手で掴んで水中に引きずりこむというモーストデンジャラスな妖怪です。あしながおじさんと手長婆、どうして差がついたのか……慢心、環境の違い…… ところで、じつはシーフードに目がない手長婆。シーフードを […]

茨木童子

さまざまな伝承や説話、謡曲、歌舞伎などに顔を出す有名鬼。 摂津国の百姓カップルの間に子どもが生まれたのだけれど、この子どもは生まれた時点で既に歯と髪が生えそろっているという、いわゆる鬼子でした。この鬼子が恐ろしい形相でお母さんを睨んだため、恐怖のあまり母親即死。範馬勇次郎みたいなやつだ。残された父親もショックで育児を放棄し、茨木村付近に赤子を遺棄してしまいます。 その後、童子は心やさしい床屋に拾わ […]

ゲドガキのバケモン

五島列島にある一家が住んでおりました。その家には丑松という幼児がおりまして、この子が夜中にハットリシンゾウみたいに泣きくさるため、父親が「そんなに泣くと、父さんはおまえの養育権を放棄したうえ、さらにゲドガキのバケモンに食わせちゃうよ~」とてきとうなことを言って脅したんだそうです(ゲドガキというのは近所に実在する地名)。 そしたら家の外から「よっしゃ来い、俺に食わせろ!」という声が響き、ゲドガキのバ […]

赤頭

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・鳥取県。西伯郡は名和村というところに近接パワー型の男、赤頭がすんでおりました。「力」のタロットカードが暗示する彼の能力は「怪力」。第3部並にシンプルな能力だぜ。やれやれだぜ。 そしてッ! とある文献によるとよォオ〜〜ッ、米俵12俵をまとめて持ち上げるほどの『怪力』だったというゼェェ〜〜ッ!(ジョジョ文体) 赤頭ことレッド・ヘッド・チリ・ペッパーが観音堂に座ってひと […]

ダキ

佐賀県鎮西町の加唐島に現れた妖怪。 漁師の親父と息子二人が加唐島の海岸で火を起こしていると、なぞの怪女がふらりとやって来て「魚をくれ」と傲岸不遜なリクエストをしてきました。 「おいおい、このおばさん、貨幣経済や市場原理というものをまるでわかっていないのとちがうか」 「消費者のモラル低下もついにここまできたかってかんじだな。モンスター消費者ってレベルじゃねーぞ」 などと、兄弟が顔を見合わせて苦笑いを […]

岩魚坊主

深山で無法ヤンチャなプレイスタイルの釣りに興じていると現れる妖怪。 ヤンチャなプレイスタイルの釣りといっても禁漁区での密漁とかガチン漁とかいろいろありますが、例えば「毒もみ」という漁法がありますね。山椒の皮かなんかを川に流すと周辺の魚がすべて死ぬのでラクして魚が獲れるそうです。 あるとき村の若い衆が毒を川に撒き散らしまくってゴキゲンな乱獲に興じていると、どこからともなく坊主が現れて「そんなことはや […]

ロルウイ

アボリジニの神話に登場する精霊。神と人間の中間に位置するとされますが、見た目は人間の若者とあまり変わらないようです。 アボリジニの神話によれば、大昔ヤムイモはジョン・ウィンダムのSF小説『トリフィド時代』に登場する歩行植物トリフィドみたいに自由気ままに歩き回っていたんだそうです。 だもんで、畑でヤムイモを栽培しようと思っても、連中は収穫前にどこかに蒸発してしまうので、農民各位は学級崩壊したクラスを […]

1 3