手長婆

あしながおじさんの対義語に相当する妖怪。あしながおじさんはニューヨークに棲息し、目をつけた少女とのパパ活に励む心優しい妖怪ですが、いっぽうの手長婆は千葉や青森といった地方の山中に棲み、水辺で遊ぶ子供を長い手で掴んで水中に引きずりこむというモーストデンジャラスな妖怪です。あしながおじさんと手長婆、どうして差がついたのか……慢心、環境の違い…… ところで、じつはシーフードに目がない手長婆。シーフードを […]

あわら温泉を旅する

といっても前回の四万温泉とは違い出張旅行なので、旅情はほとんどないのですが。 夕方には宿にチェックインしてゆるりと温泉につかるはずだったのですが、いろいろあって仕事を終えたのは20時近く。慌ててえちぜん鉄道に飛び乗り、予約していたあわら温泉の宿、青雲閣へと向かいます。 ところで、えちぜん鉄道ではいまだにきっぷ売り場も改札も対人なんですね。東京ではこれらの業務はマシンやメカやヒューマノイドがAuto […]

団地七つの大罪

まずはこの、壮大でかっこよすぎるあまり僕が全文筆録するに至った冒頭のナレーションを黙読していただきたい。 見たまえ諸君、この白亜のアパート群を。 この巨大なすばらしき類型の美しさを。 これこそ現代の城だ。 われわれホワイトカラー族が、いや、日本人の大半を占めるミドルクラス3000万の人間が憧れ、夢に見る現代の城だ。 この砦の一角に入城を許されるのは、厳重な資格審査を経たうえに、わらの山から一本の針 […]

茨木童子

さまざまな伝承や説話、謡曲、歌舞伎などに顔を出す有名鬼。 摂津国の百姓カップルの間に子どもが生まれたのだけれど、この子どもは生まれた時点で既に歯と髪が生えそろっているという、いわゆる鬼子でした。この鬼子が恐ろしい形相でお母さんを睨んだため、恐怖のあまり母親即死。範馬勇次郎みたいなやつだ。残された父親もショックで育児を放棄し、茨木村付近に赤子を遺棄してしまいます。 その後、童子は心やさしい床屋に拾わ […]

コードギアス 復活のルルーシュ

きれいに完結している作品なので、放映終了の翌年ぐらいに本作が公開されていたら「おいおい蛇足じゃないの……」「『ロッキー5』かよ……」とネガティブな印象を抱いていたかもしれないけれど、もう十年も経っているので蛇足かどうかや整合性などはもはやどうでもよく、娯楽性の高い新作を観ることができて単純に楽しかったです。 ネタバレにならない範囲の感想としては、僕の好きな奇跡の藤堂が幸せそうで良かった。

人間蒸発

「ドキュメンタリー」と聞くと、「おや、報道やジャーナリズムの親戚かな」「パラメータは『かしこさ』重視で『ちから』のような格闘系ステータスは低めなのかな」などと思いがちですが実はさにあらず、ドキュメンタリーこそ「ちから」ステータス全振りの暴力装置になりうることを如実に示す傑作だと思いました。 プライバシーの概念が今ほど浸透していない時代のこととはいえ、根掘り葉掘りの個人情報暴露で出演者にダメージを与 […]

四万温泉を旅する(後編)

18時、夕食のため大広間へ。「日本ボロ宿紀行」によると御膳を部屋に運んで食べてもよいということだったので僕もそうするつもりだったのですが、迷宮のような館内を行ったり来たりしながら御膳を運ぶのが面倒になり、けっきょく大広間で食べました。 「長八の宿」のジッさん並の超スピードでモシャモシャカリカリとめしを平らげ、ダッシュで風呂へ。他の宿泊客が大広間でのんびり食事しながら油断している間に、ひとりで風呂を […]

四万温泉を旅する(前編)

群馬の四万温泉を旅してきました。 ご承知のとおり僕は副業として古物商を営んでいるのですが、先日群馬山中のとある古刹のお坊さまから「世にも稀な神品を手放したい」という手紙が届きました。そして、彼と落ち合う先として指定されたのが四万温泉は「積善館」という宿だったのでした。 しかしあろうことか、お坊さまは投宿先の宿の橋の上で座禅を組んだまま死んでいるのが発見されました。そしてこの怪死事件を端緒に、僕はい […]

ゲドガキのバケモン

五島列島にある一家が住んでおりました。その家には丑松という幼児がおりまして、この子が夜中にハットリシンゾウみたいに泣きくさるため、父親が「そんなに泣くと、父さんはおまえの養育権を放棄したうえ、さらにゲドガキのバケモンに食わせちゃうよ~」とてきとうなことを言って脅したんだそうです(ゲドガキというのは近所に実在する地名)。 そしたら家の外から「よっしゃ来い、俺に食わせろ!」という声が響き、ゲドガキのバ […]

赤頭

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・鳥取県。西伯郡は名和村というところに近接パワー型の男、赤頭がすんでおりました。「力」のタロットカードが暗示する彼の能力は「怪力」。第3部並にシンプルな能力だぜ。やれやれだぜ。 そしてッ! とある文献によるとよォオ〜〜ッ、米俵12俵をまとめて持ち上げるほどの『怪力』だったというゼェェ〜〜ッ!(ジョジョ文体) 赤頭ことレッド・ヘッド・チリ・ペッパーが観音堂に座ってひと […]

1 7